画面に写る既読の文字。
その度に待ち遠しくなる。

でも、返事は中々、来ない。

「仕方がないよね」
「仕事が忙しいんだよね」

そう、自分に言い聞かせる。
そして日常の中に溶け込んでゆく。

突然に鳴る通知の音。
その度に期待が膨らむ。

でも、貴方じゃなかった。

「そりゃ、そうよね」
「まだ、そんな時間じゃない」

初めから分かっていた事。
それでも、つい期待をしてしまう。

別に特別な事を言って欲しい訳じゃないの。
ただただ返事が欲しい。

何気ない言葉でいいの。
少しだけ貴方の時間が欲しい。

そして貴方の言葉に私は救われる。

画面に写る貴方の返事。
その度に私の心は躍る。

でも、貴方の方はどうなの!?

「単なる、お友達!?」
「それとも都合のいい女!?」

つい訊いてしまいたくなる。
でも、私は無理に強がってしまう。

繰り返される貴方との会話。
その度に想いは募る。

「貴方が好き」
「貴方の傍に行きたい」

そう思っても言えやしない。
だって今の関係を壊したくない。

別に特別な事を言って欲しい訳じゃないの。
ただただ返事が欲しい。

何気ない言葉でいいの。
少しだけ貴方の時間が欲しい。

そして貴方の言葉に私は救われる。

本当は特別な言葉が欲しいのかもしれない。
でも、今はまだいいの。

何気ない言葉でいいの。
少しだけ貴方の時間が欲しい。

そして貴方の言葉に私は救われる。

でも、いつかは貴方の傍に行きたい。
許してくれる?